ホーム > 能登夫妻 > once > once (大) 退紅

{$product_name} / {$category_name}

[価格]5,940円(税込) [在庫数]SOLD OUT  
このエントリーをはてなブックマークに追加
腕時計リユースアクセサリー「once」正面
正面

once(大)0003 退紅

動かなくなって、たんすの奥にずっと眠り続けていた数多くの腕時計たち。

そんな腕時計のご隠居さん(笑)たちをかき集め、時計の「機能」ではなく「形」の魅力に着目し、新たな命を吹き込んだのが、腕時計リユースアクセサリーシリーズ「once」です。

腕時計リユースアクセサリー「once」斜め
斜め

アンティーク&フェミニンな珍しい形

[石(にあたる部分)]
秋を思わせる渋く丸みのあるピンクカラー
ふくらみのある円形

[台座(にあたる部分)]
使い込まれて落ち着きの出たゴールド
石の部分同様、やわらかい丸みのあるボディー
レディスの腕時計サイズ

ぷっくりと膨らんだガラス面がかわいらしく、台座もとっても珍しい形です。

アンティークで女性的なフォルムに、これまたやわらかく落ち着いたピンクの組み合わせが絶妙。着物の帯留めに、なんていう使い方も面白いかも知れません。

能登夫妻のイラスト
デザイナーコメント噴出し

ずいぶん前から、腕時計の形って宝石っぽくて魅力的だなあと思っていました。

でもどうしたらそれを商品のレベルまで持って行けるか、という部分でなかなかベストな方法を見つけられずにいたのですが、昨年、友人の誕生日に、この案を使ったプレゼントを作ってみよう、と思い立ったら、案外すんなりと、今の形へとたどり着くことができたのです。

壊れちゃったり使われなくなったりした腕時計って、世の中には相当たくさんあると思うので、いずれはそれらを回収するシステムまで構築できたら、面白いんじゃないかなあと、思ったりしています。

デザイナーコメント噴出し

能登夫妻

「理性と感性のバランス、可能性の発見、偶然の連鎖、ときどき生まれるプロダクト。」

能登夫妻は、能登夫妻・夫と能登夫妻・妻からなるデザイナーデュオ。夫婦共に金沢国際デザイン研究所KIDI・プロダクトデザイン科出身。卒業後、夫はオランダDesignAcademyEindhoven”IM”MasterCourseにてハイス・バッカー、テッド・ノートンらに師事、妻は Vantanにて縫製技術習得。2005年、日常のありふれたものや風景をTシャツの上に再現する試みTシャツブランド〔シキサイ〕を設立し、国内外のミュージアムショップを中心に展開中。

[商品名]「once(大)0003 退紅」
[デザイナー]能登夫妻
[素材]ユーズド腕時計, アクリルペイント, ブローチピン
[寸法]34mm x 29mm x 9mm
[生産国]日本
[備考]※ユーズドの腕時計を再利用していますので、傷やサビ・くすみなどはそのまま残っております。また、画面でご覧になる商品の色味と実物の色味は多少異なっています。あらかじめご了承の上でご購入ください。

[価格]5,940円(税込)

[在庫数]SOLD OUT

 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ このページのトップへ戻る
▲ このページのトップへ戻る