ホーム > studio note > f,l,o,w,e,r,s > f,l,o,w,e,r,s

{$product_name} / {$category_name}

[価格]18,900円(税込) [在庫数]SOLD OUT  
このエントリーをはてなブックマークに追加

オブジェの域に達した文房具

アクリルのオブジェ?お花の文鎮?いや、、よーく見てください。アクリルの中のお花、実はぴったり1cm間隔で咲いているんです。その数、1, 2, 3....28本。。。そう、実はこの「f,l,o,w,e,r,s」、お花が目盛になった30cm定規。れっきとした文房具なんです。

定規といえば普通は、正確に長さを測ったり、マッキーペンで線を引いたりする為の物ですが、「f,l,o,w,e,r,s」はそんな常識をものともせず、あの几帳面で融通の利かない目盛の羅列を、可憐なお花畑に例えてしまったのです。気鋭のデザイナーstudio noteの手によって詩的なオブジェへと昇華した、世にも稀なる30cm定規です。

花定規「f,l,o,w,e,r,s」の写真
一目見たら美しさに引き込まれます。


目盛はすべて本物の花

封入された28本の花(目盛)は、造花ではありません。すべて本物のかすみ草です。デザイナーである寺山紀彦が自らかすみ草を赤く染め、2日かけてドライフラワーに、そして目盛にふさわしいたたずまいの枝を一本一本切り取ってはアクリルのベースの上に並べていきます。

こうしてできたお花の定規「f,l,o,w,e,r,s」ですので、当然その表情はひとつひとつ異なっています。3cm目の目盛がちょっと短かかったり、18cmの目盛には花が2輪咲いていたり・・・そういった微妙なバランスも、すべてデザイナーのさじ加減。

そういった舞台裏を知った上でもう一度、よく見てみて下さい。太い茎から花に繋がるまでの枝の長さやちょっとした風情、そんなちいさなちいさなディテールにまで、寺山の美意識と「f,l,o,w,e,r,s」 の美しさの秘密が隠されています。

花定規「f,l,o,w,e,r,s」の写真
つい摘んでみたくなるリアリティーと繊細さです。
花定規「f,l,o,w,e,r,s」の写真
専用の桐箱に入れてお届けします。

野草の定規もあります

生える草は春夏秋冬さまざまです、春の定規 夏の定規 秋の定規 冬の定規 、一年通して違う物が出来上がります。

studio noteイラスト
デザイナーコメント噴出し

僕の犬の散歩道に小さい野原があって、小さい花が点々と咲いていました。
それを見たときにふと花が1cm間隔で咲いていたら、横になったときに身長が測れるなと思いました。
綺麗に並んだ花を咲いたままで閉じ込めたいと思い、アクリルの中に入れました。

テーブルのうえにちょこんと置けば、そこに小さな花が咲きます。

デザイナーコメント噴出し

studio note

日本にてプロダクトデザインを学んだのち、オランダDesign Academy Eindhovenに留学。 Jurgen Bey, Gijs Bakkerなどの師事を受ける。在学中にstudio Richard Hutten,MVRDVにて研修し、2008年に卒業。帰国後 studio noteを立ち上げる。
形が奇麗なだけではなくストーリーのある物作りをベースに活動中。

[商品名]「f,l,o,w,e,r,s」
[デザイナー]studio note
[素材]アクリル, 花(ドライ)
[寸法]300mm x 30mm x 9mm
[生産国]日本
[備考]※一点一点手づくりのため、お届けする商品は写真のものとは多少異なりますがご了承ください。

[価格]18,900円(税込)

[在庫数]SOLD OUT

【価格変更のおしらせ】
ここ6年間にわたり、f,l,o,w,e,r,sの販売価格を据え置いてまいりましたが、アクリルの価格、加工工場の変更等により、現行価格を維持することが残念ながら困難となってまいりました。
誠に心苦しくは存じますが、なにとぞ諸事情をお汲み取りのうえご了承くださいますようお願い申しあげます。  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
「f,l,o,w,e,r,s - studio note」のその他のおすすめ商品
▲ このページのトップへ戻る
▲ このページのトップへ戻る